Sea otter sculpture

Details

Sea otter sculpture

Archaeology / objects made of bone / horn / shell / Asia / Japan / Hokkaido / Hokkaido

Okhotsk culture/c. 8-9th century

Tokoro River Estuary site

Pit-dwelling No.15

北見市教育委員会

クマの牙を素材とする彫刻。オホーツク文化では動物意匠の遺物が多く見られるが、この彫刻は海面を泳ぐラッコの全身像を表現している。ほぼ完全な形で残っており、また高い写実性を示している点でも貴重な資料である。

Related Works

Search items related to work chosen