鍋島直大・胤子夫妻像(イギリスにて) なべしまなおひろ・たねこふさいぞう(いぎりすにて)

その他の画像全2枚中2枚表示

その他の美術  写真 / 明治 / 日本  九州  佐賀県 

Stereoscopic Co.
明治時代
鶏卵紙 台紙付写真
竪16.4cm 横10.7cm
1枚
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

最後の藩主鍋島直大は明治4年(1871)初めに洋行の予定であったが、父直正(閑叟)の薨去で延期。7月の廃藩置県で藩知事を免じられ、再び洋行を計画。米欧視察の岩倉使節団の随行学生として、明治4年11月12日横浜を出港、アメリカ経由でイギリスに留学した。その目的は「開けたる世のよき事をわか国へ行ふ為めのつとめなりけり」。明治7年、佐賀の乱の報に接し急遽帰国したが、すでに収まり、内命「西洋風ノ貴族風ヲ学フベシ」を受けて、胤子夫人同伴で再渡欧。英国を中心に各地を巡遊、「プリンス・ナベシマ」として社交界で活躍した。明治11年6月12日帰国の途に着いたが、この間ロンドンで撮影された夫妻の写真。このほか多数あり。

作品所在地の地図

関連リンク

鍋島直大・胤子夫妻像(イギリスにて)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

花模様西洋刺繍
花模様西洋刺繍

鍋島胤子

鍋島直大洋行願い
前田朗子像
前田朗子像

鈴木真一

乳児を抱く鍋島胤子像
洋行前の鍋島直大像
ページトップへ