小菅修船場跡 こすげしゅうせんばあと

その他の画像全2枚中2枚表示

史跡 / 九州 

長崎県
長崎市小菅町
指定年月日:19690412
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

S43-6-091[[小菅修船場]こすげしゅうせんば]跡.txt: 船架の創設は慶応3年に5代才助(のちの友厚)を中心として進められた事業で、貿易商社小松帯刀、イギリス商人トーマス・ブレーク・グラバーが出資者となった。
 明治元年12月6日竣工、このとき小菅修船場と称された。曳揚機械、ボイラー等スリップドック一切の施設は、イギリスから入れ、曳揚小屋外壁の[[蒟蒻練瓦]こんにゃくれんが]は、オランダ人から習得した製法である。
 政府は、明治2年3月2日、この修船場をグラバーから買収し、官営としたが、のち官営工場払下げの方針に従い、明治20年6月7日、長崎造船場の本工場・土地・建物・機械器具等一切を三菱に払い下げた。これが現在の三菱重工業株式会社長崎造船所のおこりである。
 小菅修船場は、入江利用のスリップドックで500トン前後の船を曳揚げ修理を行なった。現在、残っているものは、曳揚小屋、曳揚機械、軌道、石垣などあり、また両岸の天草石の石垣の多くが当初のままであるなど、わが国最初の洋式船架として貴重なものである。

作品所在地の地図

関連リンク

小菅修船場跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

竪削盤〈/一八五六年、オランダ製〉
鹿児島紡績所跡
小菅の里及び小菅山の文化的景観
高島炭鉱跡<BR/> 高島北渓井坑跡<BR/> 中ノ島炭坑跡<BR/> 端島炭坑跡<BR/>
三重津海軍所跡
ページトップへ