吉野神宮裏門及び透塀 よしのじんぐううらもんおよびすきべい

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 昭和以降 / 近畿 

奈良県
昭和前/1927/1981改修
門 木造、銅板葺、間口2.4m、 塀 木造、銅板葺、総延長46m
1棟
奈良県吉野郡吉野町大字吉野山3226
登録年月日:20100115
登録有形文化財(建造物)

本殿の側・背面に透塀がまわり、背面に裏門を構える。裏門は腕木門で、切妻造銅板葺、一軒疎垂木。藁座を打ち、板扉をたてる。透塀は方柱で、長押や頭貫で固め、腰板壁で、上部に連子窓を嵌める。一軒疎垂木で、銅板葺。本殿周囲を厳格に画し、静謐な場とする。

作品所在地の地図

関連リンク

吉野神宮裏門及び透塀チェックした作品をもとに関連する作品を探す

吉野神宮東門
吉野神宮内玉垣
蟻通神社後門及び東西透塀
吉野神宮制札屋形
吉野神宮神符授与所
ページトップへ