狭衣物語絵巻断簡 さごろもものがたりえまきだんかん

絵画 

鎌倉時代・14世紀
紙本着色
28.9x40.3
1幅
重要文化財

狭衣中将という才色兼備の貴公子と、幼い頃よりともに育てられた従妹・源氏宮の悲恋を描く。徳川将軍家に伝来し、幕末の動乱時、寛永寺に「疎開」したものの、上野戦争により焼失寸前、いくつかの場面が救い出されたという。画面下部の波状の損傷は罹災の状況を生々しく伝える。(160621_h032)

作品所在地の地図

関連リンク

狭衣物語絵巻断簡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

狭衣物語絵巻断簡
狭衣物語絵巻断簡
紙本著色狭衣物語絵巻断簡
狭衣物語絵巻断簡
狭衣物語絵巻断簡
ページトップへ