仏涅槃図 ぶつねはんず

絵画 

鎌倉時代・14世紀
絹本着色
179.0x169.9
1幅

本図は涅槃図の左右に、涅槃前後の事蹟を描いた形式のもの。通常、沙羅双樹(さらそうじゅ)林の間に見え隠れしながら控えめに描かれる跋提河(ばっだいが)が本図では釈迦の背後に迫る程大きく表され、中国江南(こうなん)地方で描かれた藻魚(そうぎょ)図を思わせる遊魚が大きく描かれるのが大きな特徴である。

作品所在地の地図

関連リンク

仏涅槃図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

仏涅槃図
仏涅槃図

陸信忠筆

仏涅槃図
仏涅槃図
仏涅槃図

行有・専有

絹本著色仏涅槃図
仏涅槃図
ページトップへ