釈迦三尊十六羅漢像 しゃかさんぞんじゅうろくらかんぞう

絵画 

鎌倉時代・14世紀
絹本着色
100.0x40.1
1幅

釈迦の浄土である霊鷲山(りょうじゅせん)を背景に、釈迦三尊と十六羅漢を描く。画面下方には、弘法大師(こうぼうだいし)像と聖徳太子(しょうとくたいし)像を配している。釈迦信仰・真言密教・太子信仰を融合させた西大寺(さいだいじ)叡尊(えいそん)流の真言律宗(しんごんりっしゅう)の思想を背景とした作例と考えられる。同様の構成を示す作例もいくつか知られている。

作品所在地の地図

関連リンク

釈迦三尊十六羅漢像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

絹本著色釈迦如来像
釈迦霊鷲山説法図
千手観音像
文殊菩薩像
釈迦十六羅漢
釈迦十六羅漢

横山大観筆

ページトップへ