Oginokejuutaku Omoya

荻野家住宅(福井県三方上中郡若狭町) 主屋

Details

Oginokejuutaku Omoya

荻野家住宅(福井県三方上中郡若狭町) 主屋

住居建築 / 江戸 / 中部

福井県

江戸後期/1812

桁行9.3m、梁間12.9m、2階建、切妻造、南面庇付、北面井戸屋及び座敷便所附属、桟瓦葺

1棟

福井県三方上中郡若狭町熊川38号蔵ノ前17番,22番,23番

重文指定年月日:20140127
国宝指定年月日:

重要文化財

荻野家住宅は、かつての京都・小浜間の若狭街道の宿場町であった若狭町熊川宿伝統的建造物群保存地区のほぼ中央に位置する。荻野家は代々、人馬継ぎ立ての運送業を行う問屋を営んだ。主屋は、文化8年(1811)頃に建設された熊川宿最古の町家であり、通り土間の表側を広くとる平面構成などに当地方の伝統的な町家の形式を示す。また主屋に隣接して街道に面して建つ荷蔵や、敷地を縦に貫く石敷の通路などは問屋の構えを良く残しており、物資流通で栄えた熊川宿の核となる建物として価値が高い。

Related Works

Search items related to work chosen