曳馬図 ひきうまず

絵画 

亜欧堂田善筆
江戸時代・18~19世紀
銅版墨摺
21.0×15.7
1枚

亜欧堂田善は陸奥須賀川の出身で、松平定信の命により寛政10年(1798)江戸に出て洋画を研究し、銅版画や油絵を制作した。本図は、ドイツの銅版画家リーディンガーの長方形の銅版作品を模刻したもので、須賀川市立博物館に銅鏡に図を彫った原版が所蔵されている。

作品所在地の地図

関連リンク

曳馬図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大日本金龍山之図
大日本金龍山之図

亜欧堂田善

ゼルマニヤ廓中之図
ゼルマニヤ廓中之図

亜欧堂田善

三囲の図
三囲の図

亜欧堂田善筆

自斜橋聖堂眺望之図(小形江戸名勝図シリーズ)
新吉原夜俄之図
新吉原夜俄之図

亜欧堂 工房作

ページトップへ