拾遺古徳伝絵巻断簡 しゅういことくでんえまきだんかん

絵画 

鎌倉時代・14世紀
紙本着色
40.6x75.0
1幅

浄土宗の祖・法然*ほうねん*(1133~1212)の伝記絵巻の断簡。詞書は親鸞*しんらん*の曾孫・覚如*かくにょ*が編んだもので、法然とともに親鸞の事蹟を詳しく描いている。この断簡は法然と園城寺*おんじょうじ*の公胤*こういん*が浄土の教えについて議論する場面を描く。墨染の衣をまとい、念珠を繰るのが法然。(160412_h031)

作品所在地の地図

関連リンク

拾遺古徳伝絵巻断簡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

阿弥陀来迎図
北野天神縁起絵巻断簡
不詳物語絵巻断簡
狭衣物語絵巻断簡
山王霊験記絵巻断簡
山王霊験記絵巻断簡

伝六角寂済筆

ページトップへ