源氏物語図色紙(花宴) げんじものがたりずしきし はなのえん

絵画 

土佐光吉筆
安土桃山時代・16~17世紀
(絵)紙本着色 (詞)彩箋墨書
各24.6×21.4
1幅

 光吉は光茂の門人で、安土桃山時代の土佐派を代表する絵師。光源氏と朧月夜君との出会いの場面を描いたこの色紙は、本来画帖に貼られていたもの。出家後の号「休翌」の墨印は色紙の裏に捺されていた。もとセットであった他の数枚が現存する。   (2006/04/11_h082)(140225_h082)

作品所在地の地図

関連リンク

源氏物語図色紙(花宴)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

源氏物語図屏風
源氏物語図屏風

伝土佐光則筆

紙本金地著色源氏物語図〈土佐光吉筆/(光源氏手鑑)〉
源氏物語図 花宴(巻8)
紙本金地著色源氏物語図〈土佐光吉、長次郎筆/〉
源氏物語図
源氏物語図

土佐光吉

ページトップへ