金光明最勝王経注釈断簡(飯室切本) こんこうみょうさいしょうおうきょうちゅうしゃくだんかん(いいむろぎれぼん)

伝嵯峨天皇筆
平安時代・9世紀
紙本墨書
27.2×50.4
1幅

 『金光明最勝王経』の註釈を書写した全10巻の断簡。大字で雄渾(ゆう・こん)な筆致の経文中には、胡粉(ご・ふん)で訓点が加えられている。比叡山横川(よ・かわ)の飯室別所に伝来したことに因み、「飯室切」とよばれる。近代に井上馨(かおる)や益田鈍翁(ます・だ・どん・おう)が所持した平安時代初期の写経の優品である。(2006/03/21)(20130806_h031)(20160509_h1-2ルビ)

作品所在地の地図

関連リンク

金光明最勝王経注釈断簡(飯室切本)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

金光明最勝王経註釈 巻第二断簡(飯室切)
金光明最勝王経註釈 巻第二・巻第四断簡(飯室切)のうち巻第二
飯室切
紫紙金字金光明最勝王経 巻第七
金光明最勝王経 巻第一~十(国分寺経)
ページトップへ