栄花物語 えいがものがたり

鎌倉時代 13世紀
紙本墨書
大型本:各 縦30.7 横24.5 小型本:各 縦16.3 横14.9
17帖
国宝

『栄花物語』の最古写本として唯一の国宝に指定されている。
『栄花物語』は、平安時代初期の宇多天皇から後期の堀河天皇までの15代・約200年間におよぶ宮廷の歴史を仮名文を用いて編年体で記した、わが国最初の歴史物語である。
太政大臣(だじょうだいじん)・藤原道長(ふじわらのみちなが)の栄耀栄華(えいようえいが)を描いた部分が有名で、『栄華物語』や『世継物語』とも呼ばれている。

作品所在地の地図

関連リンク

栄花物語チェックした作品をもとに関連する作品を探す

栄花物語
栄花物語図屏風
栄花物語図屏風

土佐光祐筆

大鏡〈巻第二、五、七/〉
日本書紀 巻第十残巻
九条殿御集
ページトップへ