柿本人麻呂像 かきのもとのひとまろぞう

絵画 

鎌倉時代・13世紀
絹本着色
123.6x83.0
1幅

画面左を向き、畳に坐す人麻呂像で、上部の色紙型には人麻呂の経歴と和歌が記されている。こうした賛を付した画像が人麻呂影供の本尊として用いられた。人麻呂の周囲には桜が舞い散るが、藤原兼房が人麻呂を見た際、舞い散るのは梅花であったことは注意される。(20161018_h21特集歌仙絵)

作品所在地の地図

関連リンク

柿本人麻呂像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

柿本人麻呂像
柿本人麿像
柿本人麿像

伝藤原信実

洛中洛外図巻
洛中洛外図巻

住吉具慶筆

柿本人麻呂像御自画賛
光長本三十六歌仙絵 藤原元真
ページトップへ