源氏物語図屏風(初音・若菜上) げんじものがたりずびょうぶ はつね・わかなのじょう

その他の画像全12枚中12枚表示

絵画 

土佐光起筆
江戸時代・17世紀
紙本着色
各85.1×252.1
6曲1双

 なんと御簾@みす@越しに覗@のぞ@きみるという設定で、緑の極細線が無数に引かれる。室内に繰り広げられる雅な世界。右隻は第23帖の初音、左隻は第34帖の若菜上で、源氏36歳・40歳、いずれも正月の場面だ。途切れていた宮廷絵師の職を、土佐派に復活させた光起の優品。(151208_h07)

作品所在地の地図

関連リンク

源氏物語図屏風(初音・若菜上)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

源氏物語図屏風
源氏物語図屏風

伝土佐光則筆

源氏物語図 帚木(巻2)
源氏物語図
源氏物語図 初音・胡蝶
源氏物語図 初音・胡蝶

板谷桂舟〈広隆〉 筆

源氏物語図屏風
ページトップへ