仏涅槃図 ぶつねはんず

絵画 

鎌倉時代・14世紀
絹本着色
190.7x120.4
1幅

仏涅槃図は、実在した仏陀の死がテーマだが、それは同時に、永遠の釈尊の誕生を意味している。沙羅双樹のもとで、静かに身を横たえる仏陀の周りを、悲嘆する如来、羅漢、俗人、鳥獣達が囲んでいる。天からは、悲しむ仏陀の母(摩耶夫人)が降下している。

作品所在地の地図

関連リンク

仏涅槃図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

仏涅槃図
仏涅槃図

行有・専有

仏涅槃図
仏涅槃図
釈迦金棺出現図
絹本著色仏涅槃図
ページトップへ