弱法師 よろぼし

その他の画像全2枚中2枚表示

絵画 

下村観山筆
大正4年(1915)
絹本金地着色
186.4×406
6曲1双
重要文化財

再興第2回院展の出品作。盲目の弱法師俊徳丸が、梅の花の咲く四天王寺の庭で、彼岸の落日に向かって拝む謡曲『弱法師』の一場面。観山は三渓園内の臥龍梅の木に着想を得てこの絵を描いた。能面を思わせる面貌とともに能楽的情緒を漂わせている。(2005/02/08_h18)

作品所在地の地図

関連リンク

弱法師チェックした作品をもとに関連する作品を探す

絹本金地著色弱法師図〈下村観山筆/六曲屏風〉
鵜

下村観山筆

白狐
白狐

下村観山筆

木の間の秋
木の間の秋

下村観山

春雨
春雨

下村観山筆

ページトップへ