一遍聖絵 巻第七 いっぺんひじりえ まきだいなな

その他の画像全21枚中16枚表示

絵画 

法眼円伊筆
鎌倉時代・正安元年(1299)
絹本着色
37.8x802.0
1巻
国宝

時宗の開祖一遍の伝記を描いた最古の絵巻。一遍十回忌の正安元年(1299)に聖戒が詞書を撰述している。詞書には一遍の和歌や和讃、遊行した社寺の縁起なども記述され、一方の絵では季節感あふれる野山の風景や社寺の景観を展開し、他の高僧伝絵と一線を画す。。 (151013_h21.22一遍)

作品所在地の地図

関連リンク

一遍聖絵 巻第七チェックした作品をもとに関連する作品を探す

絹本著色一遍上人絵伝〈法眼円伊筆/巻第七〉
紙本著色遊行上人絵伝〈巻第三残巻、第七/〉
一遍上人絵伝断簡
因幡堂薬師縁起絵巻
矢田地蔵縁起絵巻
ページトップへ