地蔵菩薩像 じぞうぼさつぞう

絵画 

鎌倉時代・14世紀
絹本着色
111.8x40.2
1幅

地蔵菩薩は六道(天上、人間、阿修羅、畜生、餓鬼、地獄の各界)の間を転生し苦しむ生き物を救済するとされ、中世を通じて篤い信仰を集めた。この作品は、地蔵の頭部から発する光明の中に六道の生き物を描くことで、そうした地蔵の働きを視覚化している。  (2005/06/07_h031) (ろくどう てんじょう にんげん あしゅら ちくしょう がき じごく てんしょう こうみょう)

作品所在地の地図

関連リンク

地蔵菩薩像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

地蔵菩薩像
地蔵菩薩像
地蔵菩薩像幡
地蔵菩薩像
地蔵菩薩霊験記絵巻
ページトップへ