微笑 みしょう

絵画 

菱田春草筆
明治30年(1897)
絹本着色
145.7×272.7
1面

釈迦が華を拈(ひね)ってみせたとき、弟子の大迦葉だけがその意味を理解し、微笑して応じたという、師から弟子の心に伝える「以心伝心」の逸話を描く。岡倉天心の世界観にも影響を受けながら、若き春草は、線描主体の伝統的技法で厳かな場面を描いている。(20041123_h18)(20130820_h18)

作品所在地の地図

関連リンク

微笑チェックした作品をもとに関連する作品を探す

王昭君図
王昭君図

菱田春草

薊に鳩図
薊に鳩図

菱田春草

梨に双鳩
梨に双鳩

菱田春草筆

釈迦十六羅漢
釈迦十六羅漢

横山大観筆

菱田春草筆 「武具の図」
ページトップへ