二世沢村淀五郎の川連法眼と坂東善次の鬼佐渡坊

絵画 

東洲斎写楽筆
江戸時代・寛政6年(1794)
大判 錦絵
1枚
重要文化財

 寛政6年5月河原崎座で上演の「義経千本桜」に取材した作品。右側に描かれた義経をかくまう善人方の川連法眼と義経の命を狙う鬼佐渡坊が争う場面。総髪撫付の川連法眼、鯰坊主という道化敵役姿の鬼佐渡坊の姿が、緊張感を持って対照的に描かれている。(2005/02/22)

作品所在地の地図

関連リンク

二世沢村淀五郎の川連法眼と坂東善次の鬼佐渡坊チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大谷徳次の奴袖助
大谷徳次の奴袖助

東洲斎写楽筆

三世坂東彦三郎の鷺坂左内
三世市川高麗蔵の志賀大七
二世瀬川富三郎の大岸蔵人妻やどり木と中村万世の腰元若草
市川鰕蔵の竹村定之進
市川鰕蔵の竹村定之進

東洲斎写楽筆

ページトップへ