紫式部日記絵巻断簡 むらさきしきぶにっきえまきだんかん

絵画 

鎌倉時代・13世紀
紙本着色
20.9x79.2
1幅
重要文化財

『源氏物語』の作者・紫式部が宮中での営みをつづった『紫式部日記』を描いた作品。現在、二十数段が現存し、各所に分蔵されている。この断簡ももとは巻子であったが、昭和8年(1933)、益(ます)田(だ)鈍(どん)翁(のう)が絵巻を分け、現在の掛幅装となった。鎌倉時代王朝物語絵の代表作である。(151207_h032)

作品所在地の地図

関連リンク

紫式部日記絵巻断簡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紙本著色狭衣物語絵巻断簡
狭衣物語絵巻断簡
源氏物語絵巻断簡
狭衣物語絵巻断簡
狭衣物語絵巻断簡
ページトップへ