菊花激潭 きくかげきたん

絵画 

野口幽谷筆
明治19年(1886)
絹本着色
145.3×51.0
1幅

幽谷は、幕末明治の日本画家。皇居杉戸絵を揮毫するなど、宮中の御用画をつとめた。清貧をもって知られた人柄であり、清雅な花鳥画を得意とした。画中に、「古來鶴髪翁 餐英飲其水」と、中国北宋の学者・蘇洵(そじゅん)(蘇東坡(そとうば)の父)の詩「菊花」を引く。(20060829_h18)

作品所在地の地図

関連リンク

菊花激潭チェックした作品をもとに関連する作品を探す

菊花
菊花

野口幽谷筆

赤壁図
赤壁図

月僊

紅白芙蓉図
紅白芙蓉図

李迪筆

雨中双鶏
雨中双鶏

荒木寛畝筆

鶉図
鶉図

伝 李安忠

ページトップへ