十二支図三所物 じゅうにしずみところもの

後藤延乗(光孝)
江戸時代・18世紀
赤銅地、色絵
1組
銘文:小柄・笄銘 後藤光孝(花押)

三所物とは目貫・小柄・笄で一組とする刀装具である。素材や文様に統一をはかるものが一般的で、この作品は文様を十二支として猿は小柄にみえる。動物たちの動きにはぎこちなさがあるものの、金と赤銅(銅と金の合金)を用いて格調高い作品となっている。

作品所在地の地図

関連リンク

十二支図三所物チェックした作品をもとに関連する作品を探す

草花に虫図三所物
草花に虫図三所物

後藤一乗(法橋銘)

丸木橋図三所物  無銘 祐乗
貝に藻図三所物
貝に藻図三所物

(笄)後藤宗乗・(小柄)後藤栄乗

二王図二所物 銘宗みん(花押)
業平東下り図揃金具
ページトップへ