かたな

その他の画像全2枚中2枚表示

大隅掾正弘
江戸時代・慶長11年(1606)
刃長70.6 反り1.8
1口
銘文:銘 大隅掾藤原正弘  慶長十一年三月吉日
重要文化財

大隅掾正弘は、新刀鍛冶の祖といわれる堀川国広の高弟。国広とともに日向国の出身と伝える。京一条堀川に大隈町があり、国広の跡を継いだのは正弘と推測される。作風は師風をよく伝えた肌立った地鉄(じがね)に、沸(にえ)のよくついた湾(のた)れ刃に互の目が交る刃文(はもん)である。

作品所在地の地図

関連リンク

チェックした作品をもとに関連する作品を探す

刀〈銘大隅掾藤原正弘/慶長十一年三月吉日〉
刀

堀川国安

刀 無銘(伝堀川国広)
刀 無銘(伝堀川国広)

京堀川派(伝国広)

刀〈銘国広/〉
短刀
短刀

長船長義

ページトップへ