業平東下り図揃金具 なりひらあずまくだ ずそろいかなぐ

後藤光理
江戸時代・18世紀
1組
銘文:小柄・笄・縁銘 後藤光理(花押)

鐔のほかの刀装具として、本来刀身の茎(なかご)と柄(つか)を固定する釘の頭の装飾であった目貫(めぬき)、鞘口の表に指し添える理髪の道具とされた笄(こうがい)、鞘口の裏に指し添える小刀(こがたな)の柄(つか)である小柄、柄の両端の金具である縁頭(ふちがしら)などがあり、揃いの目貫・笄・小柄を三所物(みところもの)と呼んでいる。

作品所在地の地図

関連リンク

業平東下り図揃金具チェックした作品をもとに関連する作品を探す

十二支図三所物
十二支図三所物

後藤延乗(光孝)

黒蝋色塗鞘大小拵[重要刀装具]
黒蝋色塗鞘大小拵[重要刀装具]

鐔、縁頭、目貫/(銘)石黒政美 作 小柄、笄/(銘)柳川直政 作

丸木橋図三所物  無銘 祐乗
草花に虫図三所物
草花に虫図三所物

後藤一乗(法橋銘)

二王図二所物 銘宗みん(花押)
ページトップへ