色絵牡丹唐草文大皿 いろえぼたんからくさもんおおざら

陶磁 

伊万里
江戸時代・17世紀
1枚

本焼きした素地に緑、黄などの上絵具で文様を描き、錦窯(きんがま)(低火度焼成の窯)で焼き付ける色絵の技術は、17世紀中頃に中国から導入された。色絵を始めて間もない時期の作品でありながら、濃厚な彩色と大胆な色づかいとによって、独自の様式を完成させている。

作品所在地の地図

関連リンク

色絵牡丹唐草文大皿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

色絵椿図大皿
色絵椿図大皿

伊万里

色絵吹重ね珠樹草花文鉢
色絵吹重ね珠樹草花文鉢

十三代今泉今右衛門

乾山色絵竜田川図向付
色絵藤棚文大皿
色絵翡翠図平鉢
ページトップへ