和漢朗詠集切 わかんろうえいしゅうぎれ

伝寂蓮筆
鎌倉時代・13世紀
紙本墨書
1幅

 雲紙の料紙に『和漢朗詠集』巻上の冬を書写した断簡。もとは巻子本である。やや筆を右に傾けた筆法で書写されており、筆勢があらわな力強い書風である。伝称筆者寂蓮の活躍時期よりやや時代は下がった13世紀半ばの書写と推定される。          ルビ:くもがみ(2008/03/04_h032)

作品所在地の地図

関連リンク

和漢朗詠集切チェックした作品をもとに関連する作品を探す

唐紙和漢朗詠集切
唐紙和漢朗詠集切

藤原伊房筆

大字和漢朗詠集切
大字和漢朗詠集切

伝藤原行成筆

戊辰切(和漢朗詠集巻上断簡)
伊予切(和漢朗詠集巻上断簡)
和漢朗詠集巻上断簡〈鹿/(大字朗詠)〉
ページトップへ