褐釉印花菊花文瓶 かつゆういんかきっかもんへい

陶磁 

瀬戸
出土地:神奈川県鎌倉市坂の下 霊山山頂出土
鎌倉時代・14世紀
高24.2 口径4.0 底径9.8
1口

口が小さく、肩が張り、胴裾へ向かって窄まるこの形の瓶を梅瓶(めいぴん)という。中世の武士にとくに愛好された。中国産の白磁梅瓶をまねたものであるが、褐釉が施され、本歌にはみられないスタンプ文で装飾されており、瀬戸窯独自の翻案が加えられている。

作品所在地の地図

関連リンク

褐釉印花菊花文瓶チェックした作品をもとに関連する作品を探す

瀬戸鉄釉巴文瓶子
青白磁刻花唐子唐草文瓶
灰釉水注 瀬戸
古瀬戸黄釉魚波文瓶
青磁象嵌梅竹蒲柳水禽文瓶
ページトップへ