一重口水指 ひとえぐちみずさし

陶磁 

備前
室町~安土桃山時代・16世紀
高15.7 口径22.0*17.5 底径18.7
1口

日本陶磁で茶の湯の表舞台に最初に登場したのは備前、信楽の水指であった。焼締めの日常の器が水指として採り上げられたもので、この水指はその流れの中で作られたもの。胴の歪みや自然釉による景色が茶の湯の器としての魅力を増している。 (びぜん しがらき やきしめ)

作品所在地の地図

関連リンク

一重口水指チェックした作品をもとに関連する作品を探す

一重口水指(柴庵)〈信楽/〉
古備前水指  銘 青海
袋形水指
袋形水指

信楽

耳付水指 銘 龍田川
緋襷一重口水指
ページトップへ