飲中八仙歌 いんちゅうはっせんか

その他の画像全2枚中2枚表示

寂厳筆
江戸時代・明和5年(1768)
紙本墨書
1巻

 江戸時代後期の真言宗の学僧寂厳が、盛唐(せいとう)の詩人杜甫の飲中八仙歌を揮毫したもの。中国書法を踏まえながら巧みな筆法で全体をまとめた大作で、寂厳独自の風格が偲ばれる。酒浸りの8人の仙人を描くこの詩は、当時の書作や画題の対象にたびたび用いられている。 (2004/10/13_h082)(110530_h082)

作品所在地の地図

関連リンク

飲中八仙歌チェックした作品をもとに関連する作品を探す

飲中八仙図
飲中八仙図

堀川敬周

巻菱湖法帖「楷書・飲中八仙歌(冊子)」
巻菱湖法帖「楷書・飲中八仙歌(折帖)」
飲中八仙図
飲中八仙図

海北友松

飮中八仙歌
飮中八仙歌

中川 一政

ページトップへ