南院国師忌拈香偈 なんいんこくしきねんこうげ

清拙正澄筆
南北朝時代・延元2年(1337)
紙本墨書
1幅

清拙正澄は北条高時(ほうじょうたかとき)の招きで元から渡来した禅僧で、建長寺・円覚寺・南禅寺・建仁寺などの住職を歴住した。香を焚きながら述べる拈香法語(ねんこうほうご)と呼ばれるもので、南禅寺第2世の規庵祖円(きあんそえん)の年忌に師の徳を偲んで執筆されたものである。

作品所在地の地図

関連リンク

南院国師忌拈香偈チェックした作品をもとに関連する作品を探す

清拙正澄筆 法語
清拙正澄筆 法語

清拙正澄筆

清拙正澄墨蹟 平心字号
道号偈「松山」
道号偈「松山」

清拙正澄筆

大道一以像
大道一以像

伝明兆筆

絹本着色清拙正澄画像
ページトップへ