染付吹墨白鷺図皿

陶磁 

伊万里
江戸時代・17世紀
高3.2 口径19.8 底径7.6
1口

初期伊万里には、中皿が遺品として最も多い。染付を型紙の上から吹き付け、型紙をとって白抜き文様を表わす手法は景徳鎮窯に学びながら、瀟條とした気分には伊万里ならではの風韻が伴う。この白鷺を表わす遺品は極めて数が少なく珍重されている。

作品所在地の地図

関連リンク

染付吹墨白鷺図皿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

染付吹墨月兎図皿
染付吹墨亭兎図皿
銹地染付白鷺文向付
染付蘆雁図皿
染付蘆雁図皿

伊万里

染付松竹梅文徳利
ページトップへ