菩薩立像 ぼさつりゅうぞう

彫刻 

鎌倉時代・13世紀
木造、彩色・截金、玉眼
像高70.9
1躯

両眼が切れ長で涼やかな顔立ちに、細身の体つき。彫りの深い複雑な衣のひだなど、鎌倉時代の仏師・肥後定慶+ひごじょうけい+(1184~?)の作風に近い特色をみせる。頭髪などをのぞき、彩色や漆箔を施さず、着衣に金箔を細く切った截金+きりかね+を用いるのは、稀少材である白檀+びゃくだん+を模した檀像風の表現。 (20160419h11)

作品所在地の地図

関連リンク

菩薩立像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

如意輪観音菩薩坐像
地蔵菩薩立像
毘沙門天立像
十一面観音菩薩立像
地蔵菩薩立像
ページトップへ