古墨意匠硯箱 こぼくいしょうすずりばこ

その他の画像全3枚中3枚表示

漆工 

伝小川破笠作
江戸時代・18世紀
1合
銘文:銘 「笠翁製」「觀」

 微塵貝(みじんがい)を散らした地の上に錆漆(さびうるし)(漆に砥の粉を混ぜたもの)を盛り上げ、方形と円形の古墨を浮彫のように表わす。方形の古墨には釉薬で龍を描いた円形の陶片を嵌入し、彩りを添えている。古墨のひび割れ、欠け落ちた様子は、実物をはめ込んだと見紛うばかりに、迫真的な表現である。     (2005/12/23_h132)(120724_h12)(140225_h12)

作品所在地の地図

関連リンク

古墨意匠硯箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

印籠意匠色紙箱
印籠意匠色紙箱

笠翁細工

鸚鵡蒔絵硯箱
鸚鵡蒔絵硯箱

伝小川破笠作

柏木菟蒔絵料紙箱及春日野蒔絵硯箱〈小川破笠作/〉
比良山蒔絵硯箱
柴垣蔦蒔絵硯箱
ページトップへ