佐竹本三十六歌仙絵 壬生忠峯 さたけぼんさんじゅうろっかせんえ みぶのただみね

絵画 

鎌倉時代・13世紀
紙本着色
36.6x59.6
1幅
重要文化財

勺を持ち、巻纓(けんえい)冠に緌(おいかけ)をかけた武官の姿。忠峯は下級武官であったが、画面では武官の正装である闕腋袍(けってきのほう)や帯刀を確認することができない。こうした点に佐竹本(あるいはその先行本)を描いた絵師の有職理解をうかがうことができるのかもしれない。 (20161018_h21特集歌仙絵)

作品所在地の地図

関連リンク

佐竹本三十六歌仙絵 壬生忠峯チェックした作品をもとに関連する作品を探す

佐竹本三十六歌仙絵 住吉大明神
業兼本三十六歌仙絵 源順
光長本三十六歌仙絵 藤原元真
木筆本三十六歌仙絵(模本)
陸王袍
ページトップへ