山水図 さんすいず

絵画 

祥啓筆
室町時代・15世紀
紙本墨画淡彩
1幅

祥啓は15世紀後半から16世紀初頭にかけて、鎌倉を中心に関東で活躍した建長寺(けんちょうじ)の画僧。文明10~12年(1478-80)に京都で芸阿弥(げいあみ)に学び、中央画壇の筆様制作を修得した。夏珪(かけい)の筆様(ひつよう)で描かれた本図は、祥啓の楷体(かいたい)山水を代表する作品である。(120718_140617_h033)

作品所在地の地図

関連リンク

山水図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

山水図 
山水図 

祥啓

観瀑図 
観瀑図 

芸阿弥筆 月翁周鏡他2僧賛

山水人物図
山水人物図

仲安真康筆

馬図  
馬図  

祥啓

富嶽図
富嶽図

伝賢江祥啓筆 子純得幺賛

ページトップへ