遊色三福つい ゆうしょくさんぷく

絵画 

奥村政信筆
江戸時代・18世紀
大々判 墨摺絵
1
重要文化財

奥村政信は紅絵の時代から錦絵誕生直前までの長い間活躍し、様々な画面形式を工夫した。本図は江戸の吉原、京都の島原、大阪の新町という三都の遊女を描いたもので、流麗な描線と優美な容貌に政信の画風がよく示されている。(20111213_h102)

作品所在地の地図

関連リンク

遊色三福ついチェックした作品をもとに関連する作品を探す

版画遊色三福つい図〈奥村政信筆/筆彩竪大々判〉
美人と鶏
美人と鶏

奥村政信筆

初代中村喜代三の嶋野おかん
二代目あづま藤蔵と初代佐野川市松
初代中村喜代三のけいせい菅原と二代目大谷広次の源蔵
ページトップへ