扇面散蒔絵重箱 せんめんちらしまきえじゅうばこ

漆工 

江戸時代・17世紀
1合

外側には全開のほか半開きや閉じた扇も含め、合計14本の扇が表わされる。全開した扇が多いが、相前後するなどして変化をつけ、バランスよく散らされている。扇面には若松に桜、葡萄、忍草、縞文様、梅枝、鉄線などを描く。この扇面に見るような蒔絵の縞文様は、桃山期から江戸時代初期に流行した。(160102_h14特集寿ぎ)

作品所在地の地図

関連リンク

扇面散蒔絵重箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

扇散蒔絵手箱
扇面散蒔絵鏡台
芒扇面散蒔絵香盆
小袖 白綸子地若松桜幕模様
夕顔蒔絵大鼓胴
ページトップへ