鸚鵡蒔絵硯箱 おうむまきえすずりばこ

漆工 

伝小川破笠作
江戸時代・18世紀
1合

小川破笠(1663-1747)は、陶片・堆朱・ガラスなどそれまでの蒔絵にはない様々な材料を用いて、写実的な質感表現を追求した。その作風は江戸後期の爛熟の世相に受け入れられ、大いにもてはやされた。ここでは鸚鵡の架台を堆朱風に、その下に蹲る獅子は陶片で表現している。

作品所在地の地図

関連リンク

鸚鵡蒔絵硯箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

印籠意匠色紙箱
印籠意匠色紙箱

笠翁細工

小道具蒔絵茶箱
小道具蒔絵茶箱

小川破笠(1663~1747)作

柏木菟蒔絵料紙箱及春日野蒔絵硯箱〈小川破笠作/〉
古墨意匠硯箱
古墨意匠硯箱

伝小川破笠作

比良山蒔絵硯箱
ページトップへ