秋草桐紋蒔絵手拭掛 あきくさきりもんまきえてぬぐいかけ

漆工 

安土桃山時代・16~17世紀
1基

 手拭掛は、洗面や鉄漿付(かねつ)け(お歯黒)など、水を使う化粧の際に、手を拭う布を掛けるための道具である。表面を雷光形に区画し、薄肉高(うすにくたか)蒔絵で桐紋や秋草を描いている。細長い面に菊・萩・桔梗(ききょう)・撫子(なでしこ)・女郎花(おみなえし)・芒(すすき)などの秋草を巧みに配している。いわゆる高台寺(こうだいじ)蒔絵の一例である。(120508_h12)

作品所在地の地図

関連リンク

秋草桐紋蒔絵手拭掛チェックした作品をもとに関連する作品を探す

秋草蒔絵楾
御簾秋草蒔絵炉縁
秋草蒔絵小重箱
菊蒔絵瓶掛
秋草蒔絵見台
ページトップへ