花樹鳥獣蒔絵螺鈿櫃 かじゅちょうじゅうまきえらでんひつ

漆工 

江戸時代・17世紀
1合

 表面は全体に鮫皮の粒を蒔き、螺鈿と平蒔絵で文様を表わしている。ただし「鮫皮」とは、実際にはエイの皮を呼び慣わしているもの。エイの皮は東南アジア産で、江戸時代に入ると大量に日本へ輸入されるようになった。エイの皮を用いた漆器は17世紀中葉、オランダ東インド会社を通じて盛んに輸出された。 

作品所在地の地図

関連リンク

花樹鳥獣蒔絵螺鈿櫃チェックした作品をもとに関連する作品を探す

禽獣文鮫皮蒔絵大櫃
鮫皮貼螺鈿洋櫃
蒔絵螺鈿鮫皮貼り住吉社図鞍袋形箱
花樹草花蒔絵楯
鮫皮張草花鳥獣蒔絵螺鈿大箪笥
ページトップへ