百合 ゆり

絵画 

葛飾北斎筆
江戸時代・19世紀
横大判 錦絵
1枚
重要美術品

 夏の花・百合を出来るだけ接近して描いている。花弁の内側の薄紅色の部分の描写に、北斎の対象により近付こうとする姿勢を見るものの、百合の花のもつ可憐さへの共感も伝わってくる点にも注目したい。

作品所在地の地図

関連リンク

百合チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鎌倉の權五郎景政 鳥の海彌三郎保則
楠多門丸正重 八尾の別當常久
渡辺の源吾綱 猪の熊入道雷雲
牧馬
牧馬

葛飾北斎筆

信州諏訪湖水氷渡
信州諏訪湖水氷渡

葛飾北斎筆

ページトップへ