観音菩薩立像 かんのんぼさつりゅうぞう

彫刻 

平安時代 9世紀
木造 彩色
像高153.5
1軀
重要文化財

本来は十一面観音像であったもので、カヤの一材から丸彫りされている。肩が張った、豊かな量感表現や優れた刀法は平安初期彫刻の優れた特色がよく表れている。京都市上京区・清和院(せいわいん)伝来。かつて江戸時代、洛陽7カ所観音のひとつとして信仰を篤めたもの。平安初期の完成様式を示す優れた彫刻である。

作品所在地の地図

関連リンク

観音菩薩立像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

観音菩薩立像
十一面観音立像
木造地蔵菩薩立像
絹本著色十一面観音像
千手観音像・木造観音立像
ページトップへ