牧馬図屏風 ぼくばずびょうぶ

その他の画像全3枚中3枚表示

絵画 

松本山雪筆
江戸時代・17世紀
紙本金地着色
6曲1隻

松本山雪は近江に生まれ、伊予松山藩松平家の絵師となった。初代藩主松平定行に重用されて松山へ行き、愛媛画壇に将軍家がとり立てた狩野派の画風を伝えた。山雪の馬の絵は真に迫った描写がなされていると高く評価されている。 (ルビ;まつだいらさだゆき)(130709_h082)

作品所在地の地図

関連リンク

牧馬図屏風チェックした作品をもとに関連する作品を探す

製茶風俗図屏風
製茶風俗図屏風

松本山雪

枯木花鳥図屏風
枯木花鳥図屏風

山卜良次筆

牛図屏風
牛図屏風

森徹山筆

南蛮屏風
牧馬図屏風
牧馬図屏風

長谷川等伯筆

ページトップへ