業兼本三十六歌仙絵(模本) なりかねほんさんじゅうろっかせんえ もほん

その他の画像全16枚中16枚表示

絵画 

狩野晴川院〈養信〉模
江戸時代・天保8年(1837)
紙本着色
1巻

現在は各歌仙ごとに掛幅となり15点ほどが確認されている、業兼本が巻子装だった頃に全巻を写した模本。住吉具慶模写本を、天保8年(1837)に狩野晴川院が写した。約三分の一の歌仙の図様が時代不同歌合と共通し、その影響下に成立したと考えられる。 (20161018_h21特集歌仙絵)

作品所在地の地図

関連リンク

業兼本三十六歌仙絵(模本)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

釈教三十六歌仙絵(模本)
釈教三十六歌仙絵(模本)

狩野晴川院〈養信〉模

後鳥羽院本(烏丸光広奥書本)三十六歌仙絵(模本)
後鳥羽院本(烏丸光広奥書本)三十六歌仙絵(模本)

狩野晴川院〈養信〉、狩野勝川院〈雅信〉、小林養建模

後鳥羽院本三十六歌仙絵 藤原元真(模本)
為家本三十六歌仙絵 小大君(模本)
業兼本三十六歌仙絵 源順
ページトップへ