観音菩薩立像

出土地:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山出土
飛鳥時代・7世紀
銅造、鍍金
1躯

霊山として知られる那智山+なちさん+で、経典類を埋納する経塚+きょうづか+から出土した金銅仏。額のうえに阿弥陀如来坐像とみられる化仏をつけており、観音菩薩と知られる。腹前で宝珠を持ち、着衣とあわせて左右対称を意識し、衣の縁などに鏨+たがね+で小円を賑やかに刻むのは飛鳥時代の特徴。(20151027_h1_2)

作品所在地の地図

関連リンク

観音菩薩立像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

十一面観音菩薩立像
観音菩薩立像
観音菩薩立像
薬師如来立像
菩薩半跏像
ページトップへ