胴乱 どうらん

江戸時代・19世紀
銀製
1個

胴乱は印籠と同様に腰から下げる小型の容器。この胴乱は、銀の細線を撚{よ}りあわせ、いろいろな形に曲げて成形・装飾する技法で造られている。このような細工は江戸時代に中国からもたらされ、主に長崎・平戸で盛んであったことから、平戸細工と呼ばれる。(20111129_h131)

作品所在地の地図

関連リンク

胴乱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

松鷹蒔絵印籠
松鷹蒔絵印籠

(銘)芝山

唐草象嵌印籠
掛軸象嵌鞘形印籠
蟻通宮透鞘形印籠
能舞蒔絵印籠
能舞蒔絵印籠

(銘)有得齋

ページトップへ