かたな

長曽祢虎徹
江戸時代・17世紀
1口
銘文:銘 長曽祢虎徹入道興里/金象嵌銘 四胴 山野加飢右衛門六十八歳/ニテ截断 永久(花押)/于時寛文五年二月廿五日

長曽祢虎徹は越前の甲冑師の出身で、のち刀工に転じて江戸で大成した。甲冑師としての卓抜した技術を基盤に、数珠刃(じゅずば)とよばれる独特の刃文(はもん)を得意とした。金象嵌の銘文は試し切りをあらわし、作刀時期が寛文5年(1665)をさほど遡らないことがわかる。 (2004/09/01_h133)(2016/11/15_h132)

作品所在地の地図

関連リンク

チェックした作品をもとに関連する作品を探す

脇指 銘同作彫之長曽祢興里虎徹入道
短刀
短刀

長曽称虎徹

刀 銘長曽祢虎徹入道興里
刀〈金象嵌銘城和泉守所持/正宗磨上本阿(花押)〉
刀

粟田口久国

ページトップへ