修羅道絵巻 しゅらどうえまき

その他の画像全5枚中5枚表示

絵画 

下村観山筆
明治33年(1900)
紙本着色
45.2×969.6
1巻

仏教に説かれる六道(ろくどう)のうち阿修羅(あしゅら)の住む世界を修羅道(しゅらどう)といい、猜疑(さいぎ)、嫉妬(しっと)、執着心によって醜い争いを続ける人間の姿を揶揄(やゆ)している。観山27歳にして古絵巻の学習成果を集約させた、完成度の高い近代絵巻といえよう。(20040901_h18, 20070102_h18)

作品所在地の地図

関連リンク

修羅道絵巻チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大原御幸(おおはらごこう)
紙本著色餓鬼草紙〈/(絵十図)〉
鵜

下村観山筆

地蔵菩薩像
地蔵菩薩像
ページトップへ